レビトラとお酒(アルコール)

MENU

レビトラ,ジェネリック,効果,副作用,即日通販,購入,市販,ED,アルコール

レビトラを安全に安く買えるサイトはココ

レビトラとお酒(アルコール)の飲み合わせ

レビトラ,ジェネリック,効果,副作用,即日通販,購入,市販,ED,アルコール

 

レビトラを実際に使用する場合、食事とお酒(アルコール)が関わってくる事が多いと思います。

 

やはり、レビトラを実際に使う機会が多いのは、デート後だと思いますが、そういったムードを作るにもお酒(アルコール)が必要です。

 

実際に、大半の方がお酒(アルコール)とセックスを身近に感じています。

 

そうなると、レビトラとお酒(アルコール)を同時に摂取しても問題ないか気になる所です。

 

レビトラとお酒(アルコール)を同時に使用しても問題ないか詳しく解説致します。

 

レビトラとお酒(アルコール)

お酒(アルコール)を飲んでいる時に、レビトラを服用しても、適量であればそこまで大きな影響は出ないでしょう。

 

適度な摂取であれば、リラックス効果やお酒(アルコール)よる開放感によってより良い効果を生む場合もあります。

 

ムードなども作りやすく、お酒(アルコール)の力を使うのは良いでしょう。

 

但し、お酒(アルコール)を飲んでいる際にレビトラを服用する場合には、幾つかの注意点があります。

 

脂質の高い飲み物は胃や腸の粘膜に油膜を貼り、レビトラの有効成分バルデナフィルの吸収を妨げる恐れがあります。

 

脂肪分の多い牛乳などが含まれている飲み物を摂取した場合は、レビトラの効果を発揮できない可能性が高くなるので注意が必要です。

 

お酒(アルコール)の過剰摂取は悪影響を及ぼす可能性があります。

 

お酒(アルコール)を多く飲むと、脳が性欲を感じにくくなります。お酒は、脳の感覚を鈍くしていく作用があります。

 

酔ってくると、普段は興奮するような事が起こっても、脳が性的興奮を感じなくなってしまう場合があります。

 

性的興奮は五感全てを使って感じますが、酔っている状態になると全ての感覚が通常時よりも鈍くなるのです。

 

勃起する為には、脳の性的興奮が不可欠です。

 

それは、脳が性的興奮を感じて、勃起するように司令が送られるからです。

 

その司令を受けなければ、勃起は起こりません。

 

お酒(アルコール)によって、脳が性的興奮を感じなくなってしまうと、レビトラの効果を持ってしても勃起に対するスタートスイッチが入らなくなってしまう為、レビトラの全く効き目がなくなってしまう場合があります。

 

レビトラTOPへ